転職を成功させるマナーから心意気まで転職に必要な条件を詳しく解説

@転職|失敗しない転職をする方法!転職を成功させる条件・準備を徹底解説

転職のノウハウ

転職のタイミングを見誤らないために抑えて置きたいポイント

転職のタイミングを見誤らないために抑えて置きたいポイント

これからの人生設計を立てるとき、今の仕事をとっさに辞めてしまうことは危険が伴います

収入がなくなることで生活が不安定になるためです。そこで、転職を考えるなら人生設計を立てて計画的に活動を行うことが重要になります。

どんなタイミングが適しているのか、安定した未来を安心して迎えるための秘訣を抑えておきましょう。

年齢ごとのタイミング

年齢ごとのタイミング

どの年齢で転職をしたらいいのか

求人情報を見ると、その多くは年齢制限を設けています。

それぞれの企業に理由がありますが、人材育成に力を入れたいという場合は若い世代を欲しがりますし、即戦力が欲しいという場合は特に年齢にこだわらない企業もあります。

そのため、一概にこの年齢が一番転職に向いているというポイントはないものの、転職のターニングポイントは全部で3つあると言われています。

例えば25歳は大卒で見ると社会人3年目で、高卒で見るとすでにキャリアは7年目になります。

業種や携わってきた職種によって違いがあるものの、スキルが身についているかいないかがカギを握ります

人材育成に力を入れたいという企業であれば大卒3年目の人材を欲しがる傾向がありますし、即戦力が欲しい企業であれば高卒7年目を欲しがる傾向があります。

年齢を重ねるごとに求められるスキル

年齢が30歳を過ぎてくると求められるスキルが高くなるため、これまでと同じ職種であればすでにスキルが身についていると判断してもらえるため、転職活動を有利に進めることができるでしょう。

さらに5歳年を重ねて35歳となったとき、さらに高いスキルを求められます。

転職の年齢は35歳が限界という都市伝説もありますが、即戦力を求めている企業にしてみると若い世代よりスキルを身に着けた世代を欲しがる傾向があります。

ですから、自分がどの職種で働きたいかによって年齢ごとのタイミングを見計らってみてはいかがでしょうか。

イベント時期を見計らうのもひとつの方法

年末調整まで待つべき

イベントと言ってもバレンタインやクリスマスのようなイベントではなく、仕事におけるイベントのことを意味します。

例えば、ボーナスが支給される会社ならボーナスをもらったあとがベストタイミングと言われていますし、そのほか見逃しがちなのが年末調整です。

ボーナスが支給されるのが12月中だからといって、ボーナスが支給されてすぐ辞めてしまうのは大変です。

なぜなら、年末調整があるためです。

年末調整は会社側がこれまで手続きをしてくれていたものですが、それ以前に辞めてしまうと自分で手続きをしなければなりません。

これまで会社まかせだった手続きを自分でしなければならないことほど面倒なことはないのです。

転職先の年末の動きも考えよう

年末はどの企業も時間に追われて忙しいときです。

そのため、年末のタイミングで面接を申し込んでしまうと、なんとなく迷惑をかけてしまいそうな気がしませんか?

もし面接を申し込んだとしても、年末の慌ただしい中で面接をしてもらえるのは難しいでしょうから、結局年明けの落ち着いた時期になるでしょう。

面接を申し込むなら年明けや、先方の都合なども事前に確認しておくことをおすすめします。

イベント時期を見計らうのもひとつの方法

資格を取得してから転職がおすすめ

転職のために新たに資格を取得するという方もいます。

手に職があると転職が有利になるという話は本当で、資格を持っていればそれだけスキルがある証拠になります。

そこで、資格を取得するなら転職前、今の仕事を辞める前がおすすめです。

資格の種類にもよりますが、資格を取得するためには時間がかかります。

そのため、今の仕事を辞めてしまうと収入がまったくない状態になるため生活が不安定になるので危険なのです。

働きながら学ぶことは簡単なことではありませんが、安定した生活を維持するためにも今の仕事を続けながら資格取得を目指し、資格を取ってから転職活動に励みましょう。

マイホーム購入前の転職は危険

マイホームの購入を考えているならば転職前に購入しましょう。

マイホームを購入する際、多くの場合はローンを組みます。

車などと違ってマイホームは金額も大きいですから、ローンを組むのも大変です。

条件として勤続年数が長ければ長いほど有利になりますから、今の職場を離れる前にマイホームローンを組んでおくといいでしょう。

勤続年数も見過ごせない

次の新しい職場に履歴書を提出するとき、もしも自分が受け取った時のことを想像してください。

前職、もしくは今勤めている会社の勤続年数が極端に少ないとどう思いますか?

忍耐のない人なのかという印象を受けてしまうかもしれません。

もちろん、世の中にはブラック企業などと呼ばれる会社もあるため一概には言えませんが、勤続年数が短すぎるのはあまりいい印象を与えるものではありません

これといった具体的な数字はないものの、印象的にせめて2年ぐらい勤めていれば特にマイナスなイメージはないようです。

世の中の景気も判断材料のひとつ

景気がよければ求人の数も多いという印象があります。

確かに、不景気の時は求人の数も減ることはありますが、実は不景気でも求人を出す企業の中には将来性のある企業が潜んでいる可能性があるのです。

一般的に、不景気になれば売り上げが減り、経費削減に走ります

経費の多くを占めている人件費から削ることも多く、その結果リストラに踏み切る企業もあります。

しかし、この流れはますます会社の首を絞めることになるのを優良な企業は知っているのです。

そして、そのタイミングで優秀な人材が世の中に放出されるのを知っているので、求人情報を出すのです。

世の中が不景気なのになぜこのタイミングで求人を出すのかと不思議に思うかもしれませんが、将来性のある企業に出会える可能性があることをぜひ覚えておきましょう

出産時期を悩む女性は多い

出産時期を悩む女性は多い
妊娠、出産を経て転職を考える女性もたくさんいます。

共稼ぎが当たり前の時代になったのもあり、子供が生まれたあと働きやすい職場へ転職を希望する女性が多いのです。

そこで、妊娠出産を経て産後のことを考えた場合、転職してから妊娠、出産をして産休と育休を取得したほうがいいと言われています。

なぜなら、子供が生まれた後の転職活動は少し厳しいのが現状だからです。

小さい子供がいると子供が病気をしたときに仕事をや生まれる可能性があると企業側が躊躇してしまいます。

いますぐどうしても子供が欲しいという場合は話が別ですが、もう少し後でもいいというのであれば転職後、1年が経って育児休暇を取得できるタイミングで出産後の環境を整えるのもひとつの方法です。

-転職のノウハウ

Copyright© @転職|失敗しない転職をする方法!転職を成功させる条件・準備を徹底解説 , 2019 All Rights Reserved.