転職を成功させるマナーから心意気まで転職に必要な条件を詳しく解説

@転職|失敗しない転職をする方法!転職を成功させる条件・準備を徹底解説

転職のノウハウ

今だから知っておきたい履歴書と職務経歴書のこと

今だから知っておきたい履歴書と職務経歴書のこと

転職する際、提出する履歴書や職務経歴書のことを改めて見直してみませんか?

履歴書や職務経歴書は人事担当者が目を通します。

そのため、たくさん送られてくる中でマナーがいいものであれば目に留まりますし、良い印象を与えることができます。

転職を成功させるための確率を高くするためにも、この機会にもう一度履歴書や職務経歴書の正しい書き方を確認していきましょう。

履歴書は基本事項が大事

履歴書は基本事項が大事

丁寧に書き上げていくことが大事

基本的に履歴書に記入するものと言えば住所や名前、学歴、提出する年月日などです。

履歴書にも色んなタイプがありますが、これらは基本になっているのでどの履歴書でも変わりはありません。

転職活動中は何度も書く機会があるため、書くことが惰性になってうっかり間違えてしまうこともありますし、字が乱暴になってしまうこともあります。

たくさん時間をかける必要はありませんが、丁寧さを忘れないように記入していきましょう。

字がキレイなほうがいいと思われがちですが、人事担当者が見ているのは丁寧に書いているかどうかです

字がキレイではないので履歴書を書くのが苦手と意識する必要はありません。

丁寧さを心がけて書き上げましょう

転職希望者の強みになるのが職歴

職歴として記入するのはこれまで自分が働いてきた企業の情報です。

転職活動をする場合、この職歴は転職者にとって自己アピールができる項目と覚えておいてください。

そのため、丁寧に仕上げていくことが重要になります。

履歴書に書くのは入社した年月日や退社した年月日、会社の名前や配属されていた部署などを書いていきます。

いままだ在籍している会社の場合は退社する年月日がまだ分からないので在職中と書きます。

しかし、履歴書に記入できる情報は限られてしまうため、箇条書きになるのが一般的です。

そこで転職者として自己アピールする際に役立つのが職務経歴書というわけです。

職務履歴書は自分をアピールするためのもの

これまでどんな仕事に携わってきたのか、これは新卒者にはないものです。

転職者の強みですから、どんどんアピールしていきましょう。

職務経歴書はこれまでどんな会社に勤めて、どんな仕事に携わってきたのかを記すものです。

自分が持っている資格やスキル、これまで積み重ねてきた経験をアピールします。

履歴書とは意味が違うものなので、職務経歴書は履歴書と一緒にセットにして提出します。

職務経歴書は履歴書と違い、決められたフォーマットが存在しません。

そのため自分なりに仕上げていくことができます。

だからといって、ダラダラと無駄に長いのは目を通す方も大変ですから、基本的に1枚から2枚程度におさめます。

手書きよりもパソコンで作成したほうが見栄えもいいでしょう。

ネット上には職務経歴書の基本的な書き方の紹介がありますが、その中から選んで見本にするのもいいでしょう。

また、自分流にオリジナルに変えてみるのもひとつの方法です。

全体的に見たときバランスがいいと、いい印象を与えることができるはずです。

職務履歴書の正しい書き方

職務履歴書の正しい書き方

基本となるフォーマットがないため、どうやって書いたらいいのか迷いますが、ダラダラと長いのは読みにくいため簡潔におさめます。

そのために全体的に時系列で仕上げていくか、それともプロジェクト系列で書いていくか、この2つのパターンのどちらかを選ぶといいでしょう。

時系列

時系列の場合は、一番最初に勤めた会社情報から記入していきます。

勤めてきた会社名のほかに勤めていた年月日職種配属先、携わってきた仕事内容、在籍中に取得した資格なども書いていきます。

一般的に古いものから新しいものへ順に書いていきますが、面接を受ける会社が外資系だった場合、英語で職務経歴書を作成するケースもありますが、このときは新しいものから古いものへ順に書いていきましょう。

プロジェクト系列

プロジェクト系列は技術系の職場に勤めるときにおすすめの書き方です。

項目をプロジェクトに分けて書いていきます。

この書き方はこれまでどんなスキルや資格を取得してきたのかが見やすくなりますし、面接の際に説明しやすいという特徴も持っています。

郵送する前に確認しておきたいこと

必ず一緒に送付状も入れること

ただ履歴書を送るだけでは社会人としてのマナーがなってないと思われてしまいます。

必ず送付書を同封します。

送付書はビジネスレターを送るときに必ず必要になるものですからご存知の方も多いと思いますが、履歴書や職務経歴書と一緒に必ず送付書も同封してください。

送付状に書く内容は日付、名前、連絡先、挨拶、応募する動機を簡潔に、これらを書くのが一般的です。

どんな封筒で送ればいいのか

どんな封筒で送ればいいのか
ただ送付状や履歴書、職務経歴書を送ればいいという感覚はNGです。

普通の手紙のように折ることは絶対にNGですから、折らずに入る大きさの封筒を選んでください。

また、郵送中に履歴書などが折れないように、ファイルに入れて送ると良い印象を与えることができるはずです。

開封した時に中身が見えるように透明のファイルをおすすめします。

また、封筒の色は茶色や白など一般的に市販されているものが無難です。

もちろん新しいもので、汚れていないかどうか必ず確認しておきましょう。

 

宛名の書き方

企業の住所を書く場合、ビルの名前や階数なども必ず書いて送ります。

特に住所で気を付けるべきは数字で、例えば1丁目1番地1号だったとします。

住所を書く場合はこのまま書いてください。

くれぐれも1-1-1と簡略しないように気をつけましょう。

宛名のバランスも大事で、住所は少しだけ小さく会社の名前は住所より大きく書くことを意識します。

また、面接の単層者の名前が分かる場合は担当者名前を書き、分からない場合は採用御担当者様というように付け足します。

封筒の左下に赤いペンを使って履歴書在中と書けばOKです。

封筒の裏に自分の情報を書きます。

裏の左下に自分の名前や住所、郵便番号を書きます。

この場合も数字は略さず書きましょう

-転職のノウハウ

Copyright© @転職|失敗しない転職をする方法!転職を成功させる条件・準備を徹底解説 , 2019 All Rights Reserved.